男木島

1.買い物について

<食品/日用品>

平日は、農協で日用品や食料品を買うことができますが、品数は多くはないので、高松に買い出しに行く島民も多いです。

<生協>

組合によりますが、コープかがわで共同購入している島民がいます。

<宅急便/通販/ネットショッピング>

ヤマト運輸、ゆうパックは離島料金がかからず自宅まで届けてくれるので、移住者はamazonをよく利用しています。
その他の宅配会社や、お店によっては離島料金が発生することがあり、その場合は港まで届けてくれます。

2.引っ越しについて

<家電・大型家具購入/配送料>

住む場所によりますが、家具は基本的には高松港に着くので、自分で運ぶか、トラックで配送まで頼む必要があります。配送料は、高松港までと、フェリー代がかかります。トラックで自分で運ぶ場合はトラック代がかかります。家電は、ヤマダアウトレット館高松店があります。

<引っ越し業者の取り扱い/移住者の事例>

アリさんマークの引越者は対応してくれます。海外からは国際便で届けます。トラックを借りて自分たちで持ってくる人も多いです。

3.自然環境

<夏の暑さ(エアコンの必要性)と冬の寒さ(おすすめの暖房器具)>

夏は暑いですが、湿度がないので風が通る家ならエアコンなくても大丈夫。家の場所にもよりますが、風の通る家は涼しいです。冬の気温は0度を下回ることはそんなにありませんが、風が強いので体感としてとても寒いです。暖房器具のメインは石油ストーブ、こたつ、薪ストーブ、エアコンです。

<花粉>

杉があまりないので、高松よりも花粉は少ないです。黄砂とPM2.5はやや多く感じます。

4.移動

<車、バイク、自転車>

集落が一つであることと、坂道が多いことから、移動手段は徒歩かバイク。軽自動車や軽トラックを持っている人もいます。高松の駐車場を契約して島外に車を持ってる人もいます。

<街に出るのにかかる料金と時間>

高松港まで片道約40分です。男木港で往復チケットを買った場合は、島民割引割引があり690円で購入できます。
 

<島外からのアクセス>

高松港から女木島を経由して男木島。芸術祭などのイベント時に期間中の特別航路ができる場合もあります。 

5.自然からとれるもの

<畑>

島の人に相談すると、貸してくれる場合があります。

<釣り>

フェリー乗り場の周辺や、漁港で釣りを楽しむ人の姿がよく見られます。 

6.人について

<移住者の数と仕事>

2014年の学校再開から数えて、40人程度です。WEB関連の仕事や、飲食店経営、美容師、漁師、新聞配達、給食配膳、地域おこし協力隊など、そのほとんどが島内で仕事をするスタイルです。

<島民の気質>

移住者に対して多くの人が寛容で、移住しやすい環境といえます。

<島民と仲良くなる機会、ご近所づきあい>

祭や運動会、里山の活動などのイベントや、コミュニティセンター、図書館など、仲良くなる機会や場所が多くあります。近所づきあいは、移住者同士でも、もともと住んでいる人たち同士でもよくしている方だと思います。

<観光客>

夏休みシーズンや大型連休には、アートや猫を見に来る観光客が多く、賑わいます。冬期は少なめです。年間の来島者数は約5万人です(2017年度)。

7.生活環境

<ネット環境>

WiMAXがストレスなく利用できます。光回線はありません。2017年、男木島図書館と男木コミュニティーセンターにFree WiFiが設置されました。

<通信会社>

主要3キャリアは入りますが、ドコモは海上でも入るので、ドコモユーザーが多いです。

<電気、ガス、水道>

電気は高松から引いていて四国電力を利用します。ガスはプロパンガス、水道は高松から引いています。下水道はありません。

<トイレの水洗化/汲み取りの頻度、費用>

浄化槽を入れる工事をして水洗化している人もいます。浄化槽工事は運搬運賃などのため割高になります。汲み取り式の場合、汲み取りの頻度は2ヶ月に一度ぐらいです。

<ゴミの収集>

可燃ゴミは週2回、島内の複数箇所に設置されたごみ収集ボックスに出します。その他のゴミは、月に1回の収集日に合わせて、漁港のゴミ集積所に出します。

<ATM/銀行>

ATMは島内に1箇所あり、金融は簡易郵便局とJA(週2回)で取り扱っています。

<ポスト/郵便局>

簡易郵便局があります。ポストは島内に2箇所あります。

8.安心安全

<治安>

島内には警察署がありませんが、それくらい治安の良い場所です。隣の女木島には交番があるので、何かあればそちらに相談できます。

<病院/薬局/突然の病気>

診療所があり、週4回、午後15:00~16:30に開院します。救急の場合は119番に連絡すると救急艇が出ます。

9.教育

<学校>

男木小中学校があります。小学生と中学生が同じ校舎で学んでいます。

<保育園/幼稚園>

保育所が小中学校敷地内にあります。

<子供の数、遊び場>

保育園4人、小学生5人、中学生3人です。(2017年4月時点)港や神社、図書館など、様々な場所で遊んでいます。

10.住まいについて

<住める状態の空き家(一軒家)>

すぐに住める空き家が3件程度。(要改修)水洗2件、比較的簡単な改修で住める1件。最新情報はWebサイト「男木島生活研究所」に掲載。

<空き家(一軒家)以外に住める住宅>

アパートなど一軒家以外に住める住宅はありません。

<空き家バンク>

島内の不動産を扱う不動産業者がいないのと、男木島という立地に建てられた特殊な状況あり制度の適用が難しいという状況です。

11.仕事について

<求人>

交流館でのフェリーのチケット販売やお土産販売の仕事、新聞配達や給食配膳などの募集が、年に一回あります。その他、島内の飲食店などでスタッフを募集することがあります。

<起業、開業>

飲食店を起業された方、美容師として島内で活動されている方などがいます。

<主な産業>

漁業、観光、IT関係、農業

12.コミュニティ

<祭やイベント、関わり方>

毎年秋に行われる秋祭と、2年に1度開催される「大祭」は島民総出で準備や踊りの練習などをします。小中学校の運動会は大人も参加します。3年に1度の瀬戸内国際芸術祭も、アート作品の受付スタッフや飲食の提供などで多くの島民が関わります。

<自治会費>

年間4000円、75歳以上の単身世帯者が2000円

<一斉掃除などの地域活動>

年2回あります。島民全体2回、港や海岸1回、里山年数回、神社の清掃が1~5組、6~10組で2年に1回切り替わります。

13.支援

<移住者への支援、空家に住む場合の支援>

残念ながら、高松市には現在移住支援制度はありません。島民の暖かい支援があります。

<島で起業した場合の支援>

香川県による創業支援があります。高松商工会議所にも創業支援窓口があります。

14.受け入れ体制

<移住の相談先>

高松市役所、男木のコミュニティ協議会があります。NPO法人男木島生活研究所、NPO法人男木島図書館にも窓口があります。

<引越しなどのフォロー>

島民と仲良くなれば、してくれることがあります。

message

男木島では、その独特な景観や豊かな自然環境、教育環境の充実から、近年移住者が増えて明るい雰囲気が生まれています。借りられる空き家を探したり、修繕するのが都会よりも大変な環境ではありますが、島民同士が助け合い手を動かしながら、暮らしを作っていくことを存分に楽しんでいます。
男木島民として地域行事や自治活動を支えながら、自分たちのやりたい仕事を形にしていく、そんな暮らしができる環境です。

協力

男木島地域おこし協力隊 石部香織
NPO 法人男木島生活研究所

男木島への移住に関しての問い合わせ先

NPO 法人 男木島生活研究所
TEL : 080-3864-1977
E-MAIL : info@ogijima.kagawa.jp
http://ogijima.kagawa.jp/