豊島

1.買い物について

<食品/日用品>

島内に農協と個人商店がいくつかあり、日用品や食料品を買うことができます。宇野、高松、土庄(小豆島)へ買い出しに行く島民も多いです。スーパーによっては配送してくれるところもあります。(買い上げ金額によっては無料または有料)

<生協>

利用してる人がいます。

<宅急便/通販/ネットショッピング>

ゆうパック、ヤマト便が利用できます。離島料金は業者によって異なります。

2.引っ越しについて

<家電・大型家具購入/配送料>

配送してくれるお店がほとんどないので、島から軽トラックで宇野か小豆島のお店に行って購入してくる人が多いです。

<引っ越し業者の取り扱い/移住者の事例>

引越し業者は離島で対象外のところが多いです。ヤマト運輸かゆうパックで送ったり、自家用車に荷物を積んで引っ越してくる人が多いです。

3.自然環境

<夏の暑さ(エアコンの必要性)と冬の寒さ(おすすめの暖房器具)>

夏は暑く、湿度もあります。風が通る家なら扇風機でも大丈夫ですが、エアコンを使う人も多いです。冬は海風が強いのでとても寒いです。雪は年に一度か二度降りますが積もるほどではありません。暖房には石油ストーブ、電気またはガスストーブ、薪ストーブ、こたつ、エアコンを使います。古い家は隙間風があり断熱があまり良くありません。光熱費がかなりかかる場合もあります。

<花粉>

個人差があります。

4.移動

<車、バイク、自転車>

島内はシャトルバスが1時間半~2時間おきに運行しています。(家浦ー唐櫃間は1日7往復。甲生地区は1日4往復)タクシーは1台あります。島の人は車かバイクで移動する人が多いです。

<街に出るのにかかる料金と時間>

家浦~高松1330円 約35分
(往復は割引2530円/回数券13300円で11枚
家浦~宇野770円 旅客船25分、フェリー40分
(回数券7700円で11枚)
唐櫃~土庄480円 旅客船20分、フェリー30分
(回数券4800円で11枚)

<島外からのアクセス>

高松→家浦港。
宇野→家浦港→唐櫃港→土庄港。

5.自然からとれるもの

<畑>

島の人に相談すると、貸してくれる場合があります。

<釣り>

釣りをしてる人は結構いるので聞いたら教えてくれると思います。

6.人について

<移住者の数と仕事>

移住者はここ約10年で数十人。

<島民の気質>

全体的には面倒見のいい親切な人が多いと感じます。島民と仲良くなる機会、ご近所づきあい都会と比べて地域の方との距離が近いです。積極的に挨拶すると会話が広がりご縁に繋がります。困った時はお互いに助け合うことが多いです。お祭りや各地区の清掃、公民館まつりなどの地域行事に出ると知り合う機会が増えます。野菜や魚などのおすそ分けもあり、移住者に親切です。

<観光客>

2010年の芸術祭以降は、豊島美術館を目的に来る観光客が多いです。特にゴールデンウィーク、夏休み、秋の行楽シーズンは賑わいます。冬は観光客が少ないです。

7.生活環境

<ネット環境>

光回線があります。家浦港、唐櫃港にKAGAWA FreeWi-Fiがあり、島内の飲食店でもFree Wi-Fiが利用できるところもあります。悪天候の場合は繋がりにくい時もたまにあります。

<通信会社>

docomoが一番安定しているようです。私はsoftbankが繋がりにくかったので変えました。

<電気、ガス、水道>

電気は中国電力です。ガスはプロパンガス。水道の水は、水道は通ってますが、井戸水を使っている人もいます。下水道はありません。

<トイレの水洗化/汲み取りの頻度、費用>

簡易水洗が多いですが汲み取り式便所もあります。汲み取りは2か月に1度くらいです。浄化槽をつけたら水洗トイレが使えます。

<ゴミの収集>

土庄町のルールで出します。各地区に収集ボックスがあります。燃えるごみは週2回。不燃ごみは月に2回。資源ごみは月に1回です。

<ATM/銀行>

農協と郵便局にATMがあります。

<ポスト/郵便局>

郵便局が一つ家浦地区にあります。ポストは島内に数か所あります。

8.安心安全

<治安>

駐在所があり駐在さんが一人います。治安はとても良いと思います。財布などの落とし物が駐在所に届いている場合も多いです。

<病院/薬局/突然の病気>

診療所が家浦地区に1件あります。週に4日、月火木金です。(曜日によって診療時間が違います)唐櫃は木曜日の9:00-11:00集会所に出張診療があります。薬をもらう日は家浦が火・金曜日、唐櫃は金曜日です。緊急時は救急艇を呼ぶ必要があります。歯科診療は毎週木曜日に家浦で行なっています。

9.教育

<学校>

豊島小・中学校があります。

<保育園/幼稚園>

瞳保育所があります。

<子供の数、遊び場>

保育園6人、小学生24人、中学生が9人です。
(2017年8月時点)

10.住まいについて

<住める状態の空き家(一軒家)>

空き家は多いですが、借りられる物件は少ないです。すぐに住める家も少なく、トイレやお風呂など水回りの改修が必要な場合が多いです。

<空き家(一軒家)以外に住める住宅>

アパートやマンションはありません。仕事によっては寮があります。

<空き家バンク>

土庄町の空き家バンクがあります。豊島の物件は少ないですし、人気があるので掲載されるとすぐに借り手がつく場合が多いです。

11.仕事について

<求人>

観光の仕事(レンタサイクルなど)、宿泊業、飲食店や福祉施設のスタッフの仕事があります。季節によって海苔、オリーブ、みかん、いちごの収穫アルバイトがあります。

<起業、開業>

カフェ、塩作り、観光ガイドなどで起業する方がいます。

<主な産業>

観光業、飲食業、宿泊業、農業、漁業(少ないです)

12.コミュニティ

<祭やイベント、関わり方>

お大師さん、運動会、夏祭り、秋祭り、公民館まつりなど地域行事があります。少子高齢化で維持が難しいものもあり、大学生や島外のボランティアの方がお手伝いしてくれることもあります。島民との交流にもなり楽しいので、移住してきた方はぜひ積極的に参加してくださいね!

<自治会費>

地区の自治会によって違います。ちなみに私の住んでる地区は年間6000円ですが、10000円前後の地区もあります。

<一斉掃除などの地域活動>

お大師さん、水路清掃、海岸清掃、神社やお堂の掃除などがあります。

13.支援

<移住者への支援、空家に住む場合の支援>

土庄町企画課が担当しています。日常生活のことについては公民館のスタッフも優しく教えてくれます。あとは近所の島民の方や移住者にいろいろ聞きましょう。

<島で起業した場合の支援>

香川県の移住者起業支援補助金制度があります。

14.受け入れ体制

<移住の相談先>

土庄町企画課が空き家バンクの紹介、相談に乗ってくれます。気軽にご相談を!(役場は隣の小豆島です)

<引越しなどのフォロー>

島民と仲良くなると軽トラックで運んでくれたり手伝ってくれたりすることもあります。

message

豊島は昔から自給自足できていた自然と食の豊かな島です。商業的なものは少ないですが、この環境を楽しんで
暮らせる人、農のある暮らしをしたい方には合っていると思います。清掃や祭りなどの地域行事や自治会活動に積
極的に参加してくれる方、大歓迎です!

協力

豊島地域起こし協力隊 稲子恵

豊島への移住に関しての問い合わせ先

土庄町企画課
0879-62-7014
soudan_kikaku@town.tonosho.kagawa.jp